多趣味人ブログ

カメラ、車、サバゲーなど、多趣味な管理人によるブログです。

ガスブローバックハンドガンの金属素材について

 最近欲しいハンドガンの一つに、VP9があります。自衛隊が次期正式採用9mm拳銃として採用したSFP9Mとほぼ同等モデルとなりますが、なによりH&K製の現代的ポリマーフレームオートマチックで、かっこいいですよね。

 これをトイガンとして発売しているのは、UMAREX(VFC)位しかありません。ここが正式ライセンスを持っていますし、VFC製造ということもあり(外観の)クオリティは抜群だと思います。

 ただ一つ問題があって、スライドが金属製らしいんですよね。アルミかメタルかまでは確認できませんでしたが、いずれもグレーなのは間違いない。世間ではハーフメタルならセーフだとか、アルミはセーフだとか言われていますが、私はメタルもアルミも、フルメタルはクロですが、ハーフメタルも買わないようにしています。 

 例えば、SNSで「VFC VP9買った!メタルスライドでかっこいい!」などとつぶやくとするじゃないですか。で、この投稿を警察に通報されたら、下手すれば家にお巡りさんが来て、令状持ってきてエアガンボッシュートなんてこともありえます。これが即座に犯罪として扱われるかはわかりませんが、少なくとも容疑がかけられ証拠として押収される可能性はあります。こうしたリスクをたかだか趣味のために負いたくはないです。

www.hyperdouraku.com

 ハイパー道楽さんから転載。

 読む限り、アルミスライドもアウト臭いですよね。アルミだからセーフということはない。

 警察って、想像以上に優秀で、しかもちゃんと仕事してるんですよね、当たり前ですが。所詮エアガンだろうし、通報あってもほっとくかとはならないでしょうし、最近犯罪が多いですから、そうした警戒監視のために、取締は厳しくなっていると考えていいでしょう。そうなると、金属素材が主要部分、特にスライドやフレームに使われているものは買うべきではないでしょう。

 VFC VP9には一応樹脂スライドキットがあるので、それを買う事もできますが、2万円弱とかして、本体と同じくらいの金額するんですよね。流石に高すぎる。トータルで4万円。これだけあれば長物買えますし。

 そうなると、結局マルイさんがモデルアップしてくれるのを待つしかないです。まだそういう話は一切ないですが。